ついに死人が出るかと思ったキャノンボールランは何とか無事に終わったのだ、弍の巻。

続き。

逃げ場の無い寒さの中のハンガーノック。
アカン。死ぬかもしれんなと思う。

そんな時助けてくれたのは
昔、チャリでお遍路を廻っていた時コンビニも何もないド田舎での
ハンガーノックを救ってくれた自販のコーンスープ。

4缶一気に流し込み何とか復活。
同行するナップとみっちゃんに、これ以上迷惑をかけられない。
極寒の中、体温を下げない様何とか走る。

おそらく一番寒いであろう最高峰近くの一軒茶屋にエイドが!
ほんまに助けられました!

東六甲縦走路の森に入ると風による寒さは和らぎ
うっすらとした夜明けの中、何とかハーフの受け付けに間に合うよう
宝塚へ走り抜けたのでした。

すいません。写真無しです。

つづく
スペルボーン(Spellborn)