<   2013年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

昨日の休み。
ロングか箕面方面に行こうと思っていたが
早起き出来たものの色々用事をしていたら結局昼前に。

とりあえず何も考えず
弁当買って山上へ。

山上に上がって弁当モグモグ食いながら
ルートを考えるも魅力的なルートが思いつかず。
走りもせず歩いてると、何となくダイアモンドポイントへ。

e0183004_1832331.jpg


ここからのルートは基本3つ。

東に入る道で三国岩に戻るか
水晶山を越えて地獄谷東尾根に入るかシャクナゲ谷。

とりあえず選択肢のある南のルートを降る。

緑のトンネルが出来ていて気持ちいい。

e0183004_1836929.jpg


東尾根、シャクナゲ分岐。

e0183004_18364693.jpg


流木を少し拾いたかったのでシャクナゲに入る。

e0183004_18385431.jpg


水量が多い。無茶苦茶スリッピー。

e0183004_18392577.jpg


流木を探しながら下ばかり向いて降りてるので
中途半端な倒木で二回頭を強打した。

e0183004_18415250.jpg


砂防ダムの上に上がって巨大生物を探すも
カジカガエルばっかり。

e0183004_1843633.jpg


ホタルっぽいのがいた。

e0183004_1844444.jpg


久々の自画撮り。

e0183004_18445028.jpg


シャクナゲに入ったもう一つの理由は釜滝で入浴写真を撮ろうと思ったから。
チャレンジするものの、滑りすぎで
入ったら上がってくるのに往生しそうやったので却下。

e0183004_19362921.jpg


気持ちのいい林道をウロウロした後

e0183004_1936585.jpg
e0183004_19371615.jpg


谷上までのロードを走って帰ったのでした。

e0183004_19381460.jpg

そろそろネタ切れの日曜ラン練習。
終わった後
きっちり飲みに行ってから働くと言う大前提があるので
あまり遠くへは行けないのだ。

今回は鈴蘭台まで電車で向かう。

鈴蘭台から石井ダム方面へ走る。
雨が降ってきた。

e0183004_1945286.jpg


石井ダム。ルンゼへ入る。

e0183004_1951158.jpg


菊水ルンゼへは橋の手前の電柱の横を左に入る。

e0183004_1972671.jpg


そこからダムを巻いてルンゼ取り付きに。

e0183004_1983919.jpg


ルンゼ取り付き。
水量がかなり多い。
凍っている時よりもマシやろうけど
かなり滑るやろな。

e0183004_1910821.jpg


案の定むちゃくちゃ滑るので慎重にルートを探って登って行く。

e0183004_19113897.jpg
e0183004_19121364.jpg
e0183004_19123531.jpg
e0183004_19125886.jpg


パチリ。

e0183004_19134765.jpg


だいぶ上がってきた。

e0183004_19142963.jpg
e0183004_19144417.jpg


ルンゼをこなし一度みはらし岩に上がった後
右の尾根に上がりガンチャン新道へ。

e0183004_19175435.jpg
e0183004_19174842.jpg


急斜面を駆け下りると

e0183004_1918413.jpg


その先は完全に藪に呑まれていた。
図らずも藪コギ開始。

e0183004_1920787.jpg
e0183004_1920221.jpg


靴もパンツもべしょべしょ
ひっつき虫だらけになった。

でもこのメンバーは文句一つ言わず
当たり前の様についてくる。
たのもしい。

e0183004_19223181.jpg


藪脱出。

e0183004_19231563.jpg


縦走路合流。

e0183004_19235628.jpg


ここから烏原経由で新開地まで走る予定やったが
結構時間がかかってしまった。

呑む時間がなくなる!!

急遽予定変更。
鵯越駅までもうダッシュ!

e0183004_1926348.jpg


無事いつもの店で打ち上げられたのでした。

e0183004_19272375.jpg

こないだの休み。
午前中用事を済ましてさくっとトレラン。

高速神戸から烏原貯水池へ入る。

いつものランルートに入らず背山ルートへ。

e0183004_1933722.jpg


けっこう笹が伸びて膝下が無茶苦茶かゆい。
一旦鵯越えに抜けイヤガ谷尾根へ。
ど根性竹発見。

e0183004_1963619.jpg


いつものルートを君影ロックガーデンを駆け上がり

e0183004_197436.jpg


ロックガーデンの先の降りれそうな尾根をアタック。

e0183004_198696.jpg
e0183004_1981826.jpg


が、いきなり足跡不明の藪コギに。

e0183004_1991211.jpg
e0183004_1992215.jpg


なるべく尾根を辿りつつ降る。

e0183004_19102883.jpg


かなりの斜面を滑り落ちながら行くと

e0183004_19115410.jpg


案外あっさり石井ダムの橋の下のどんぐり広場へとたどり着いた。

e0183004_19132431.jpg


このまま菊水ルンゼを上がり
有馬街道を走って新開地まで抜けようと思ったが
余りの足の痒さに
そそくさと鈴蘭台へと向かったのでした。
日曜、妙法寺まで地下鉄に乗って東山、馬の背方面へ。

妙法寺小学校前のローソン前の道をロードランで南下。

ここが取り付き。

e0183004_1912513.jpg


いきなりの直登。

e0183004_19133320.jpg


ある程度登ってしまえば気持ちいいトレイルが続く。

e0183004_19143120.jpg
e0183004_19144233.jpg


東山山頂で縦走路に合流。

e0183004_0131420.jpg


馬の背から

e0183004_0135150.jpg


谷に降りる。

e0183004_0145584.jpg
e0183004_015997.jpg


この谷はむっちゃ気持ちええ。

e0183004_0155457.jpg
e0183004_016689.jpg
e0183004_0162467.jpg


途中から違う谷に入り
秘密の池へ。

e0183004_0181076.jpg


ここには雷魚が住んでいるのだが
この日は見つからず。

離宮公園を抜け

e0183004_0214370.jpg
e0183004_0215731.jpg


三宮で打ち上げたのでした。

e0183004_0224284.jpg

日曜練習会。

布引~トゥエンティークロス。

e0183004_18372510.jpg


途中から森林植物園南門に入る。

e0183004_18383877.jpg


植物園内の山田道を抜ける。
植物園内はランにオススメ。
年間パスポートは900円で買える。

e0183004_18404488.jpg


呑む時間が少なくなるのであっさりと植物園を抜け
裏六甲の山田道へ。

e0183004_18422968.jpg
e0183004_18424260.jpg


谷上から電車に乗り新開地。
いつもの様に呑んだくれたのでした。

e0183004_18433880.jpg

第9回六甲縦走キャノンボールの開催日決定!!

2013年10月27日(日) (往復は26日夜~となります。)

取り急ぎご報告まで。

※エントリー日等、詳細は後日発表いたします。

今回もよろしくお願いします!
e0183004_18324928.jpg

こないだの日曜練習は布引からマニアックルートに入り
二本松、平野谷。そして新開地までラン。

e0183004_1912452.jpg
e0183004_19122147.jpg


途中毛虫だらけの藪ルートをぬけ

e0183004_1913697.jpg
e0183004_19131937.jpg


二本松は蝶が湧いていた。

e0183004_19135998.jpg


これからの時期このゾーンは何故かアホ虫の量がすごい。
顔の周りを飛び回って実にうっとおしい。

それでもアホ虫に追いつかれないよう必死に走る。
暑い!

e0183004_19173149.jpg


もうそろそろモリアオガエルの卵でいっぱいの場所には
まだ1つだけ。

e0183004_19185510.jpg


新開地まで走り
いつもの店で呑んだくれたのでした。
こないだ正規の地獄谷から外れたウラルートへ。

e0183004_1911393.jpg


エントリーはいつもと同じ。

e0183004_1911298.jpg


途中から左の谷へ入る。

e0183004_1914889.jpg


一度谷に降りてから崖を上りA懸の手前の岩山へ。
上でクワガタがぼけっとしていた。

e0183004_1935983.jpg


正規ルートに戻り風吹岩へ。

e0183004_1951788.jpg


保久良には抜けず魚屋道方面へ。

e0183004_1963895.jpg


蛙岩。

e0183004_1963678.jpg


下山すると時計草が綺麗に咲いていたのでした。

e0183004_197347.jpg

スペルボーン(Spellborn)